a0203836_1734359.jpg

私が初めてこの映画を知ったきっかけは上のポスターが映画館に飾ってあったことでした。
ずっと見ていたら引き込まれそうな表情にとても恐怖を覚えました。

あらすじは母親の希望で幼い頃からバレエを続けてきたニナ(ナタリー・ポートマン)は「白鳥の湖」のプリマを演じられることになった。しかし、ニナは振付師に純粋無垢な白鳥は完璧だが、魅惑的な黒鳥の演戯はまるで駄目だと言われてしまう。そんなニナはプリマへのプレッシャーで、自分とは真逆の魅惑的で自由奔放な新人バレエダンサーのリリーに役を奪われてしまうと思うようになり、疑心暗鬼になって、幻覚を見るようになる  という話です。

この話を見る前に、バレエ「白鳥の湖」の話の概要を知っておくと、より楽しめると思います。
まず、ナタリーの演技が本当にすごいです。アカデミー賞主演女優賞受賞したのがうなずけます。
ニナは恐らく、幼い頃から母親から「あなたは私の代わりにバレエで必ず成功するのよ。私みたいに男に現を抜かしてうっかり妊娠したらだめよ~」というようなことを洗脳されるが如く、ずっと言われてきたのだろうなと思います。そのせいでニナは自分で考えることや行動することが出来なくなり、いつも人の顔色をうかがい、稽古のときも振付師が「もう一回」と何度も言うと自分で改善させる努力もしないで「どこが悪いのですか」と必ず聞く。でも、監督はニナがプリマになる前にずっと「もっと官能的な演技が出来るように努力しろ。自分を解放しろ」と言っている。
技術的に上手く踊ったところで監督には誉めてもらえず、ライバルのリリーは自分が上手く踊れない黒鳥のシーンと上手く踊ってみせ、おまけに母親からもプレッシャーをかけられ、ニナは不安と重圧に押しつぶされそうになり、幻覚を見るようになります。幻覚を見る頻度も最初は少しずつ、終盤は頻繁に見るようになります。
幻覚のシーンが本当に痛々しいシーンが多くて本当に怖い!爪を剥ぐシーンも母親の手をドアで思いっきり挟むシーンも本当に痛そうで思わず声をあげそうになりました(笑)
本番の黒鳥を踊るための準備をする合間にリリーを殺す幻覚を見るのですが、殺した後に役を取られる心配がなくなったからか、開放的に黒鳥を踊り、観客からの歓声を浴びます。監督や周囲から誉められ、ニナはその後一回も幻覚を見なくなります。プリマを演じることになってから、本番の黒鳥を演じるまでは、大きく分けて3つの不安要素がニナにはあったように感じます。①監督の自分への厳しい評価 ②黒鳥を完璧に踊れるリリー ③母親からのプレッシャー (④前プリマが自分のせいで自殺未遂をしたこと) 母親から与えられてきた価値をそのまま受けていたニナが感情むき出しの演技をすることは難しい上に自信もないので、自信と魅力に溢れたリリーの存在はニナにとってかなり大きな障害だったでしょう。そんなリリーを殺す(実は自分を殺していた)ことで自分を解放し、存在感のある黒鳥を演じることができたのだと思います。
最後に、リリーを殺したのではなく、自分で自分自身を刺していたことに気付き、全て演じきった後に、ニナは観客からの大きな歓声の中で死ぬのですが、そのシーンでニナが「完璧よ。完璧に踊ったわ。」と言って笑って死にます。ニナは完璧に踊るバレエダンサーを今まで目指して頑張ってきたので、今回の演技に本当に満足して死んだというわけですね。
この映画は主人公の死によって物語が終わるのですが、後味が悪いという感じは全然しなく、むしろどこか清々しいと思うのは、ニナが本当に満足して死んでいったからでしょうね。


ちなみに、ロシアの天才バレエダンサー(というより、バレエの神)のニジンスキーも晩年は発狂して亡くなったのですが、バレエの世界というのは奥が深く、人間関係がどろどろとしているんですかね。
でも、話の構図としては、スポ魂漫画と似た構図ですよね。正に「巨人の星」と似た話ですよね。
親が自分の後悔していることを自分の代わりに子供にやらせることは自分の周りでも無い話ではないですよね。私の友人は自分の息子を絶対にジャニーズに入れると言っていました(笑)
だからか、バレエをやっていない私でもどこか共感・納得できる部分が多かったです。
それにしても、ダンス中にカメラワークが激しすぎて酔いそうだった・・・ダンスに迫力を増す為とナタリーのダンスをある程度ごまかす為に、上半身だけ映してカメラを動かしてるのかもしれませんね。それだけが不満だった点かな。
[PR]
# by tomomiaoyama | 2011-05-18 18:30 | 映画
最近私が大好きな番組がテレビ東京の「もやもやさまぁ~ず2」。”2”とあるけど、”1”はありません(笑)内容は都内を歩きながら、「この店って何を売ってるんだろう?」というもやもやをさまぁ~ずと大江麻里子アナが解消してゆくという内容です。
私がこの番組を好きな理由は、なんといっても街の人との楽しい交流があるからだと思います。古びた食堂とか駄菓子屋とかに入ってアクの強いおじいちゃんおばあちゃんと交流している三人を見ていると、「日本も捨てたもんじゃないなぁ」と思えます。TSUTAYAでDVDを借りようと思っても最近はいつも置いてありません。石川県でも人気が出てきたみたいですね。

私は北海道テレビ放送の伝説的番組「水曜どうでしょう」も大好きなのです。「水曜どうでしょう」はDVDの売上も好調で、地方番組にも関わらず初動売上が一位という快挙。二つに共通するところは「低予算でも面白くする」ところにあると思います。ゴールデンタイムの沢山の予算をかけた番組ももちろん面白さはあると思いますが、深夜番組からゴールデン番組となった番組の多くは視聴者に「深夜番組の頃はよかった・・・」と言われてしまっている気がします。豪華でセットが派手な番組よりも、手作り感のある番組のほうがウケる時代なのかもしれないなと考えてしまいます。
[PR]
# by tomomiaoyama | 2011-05-17 12:25 | 未分類
何年か前に『魔法の杖』という本が流行った。何か悩み事があったり、聞きたいことがあったりするときにその本に心の中で質問して、適当に開いた場所にその質問の答えが書いてある、というものだ。
私は最近それを今人気の『超訳 ニーチェの言葉』でやっている。今日たまたま開いたページには「つまらないことに苦しまない」と書いてあった。そういえば、最近の私は先の見えない未来について常にあれこれ悩んでしまっている気がする。ひょっとするとこれが「つまらないこと」なのだろうか。私には全くつまらないとは感じないけれど、将来について何もせずただ悩む前に行動しなければならないと思った。

このブログもその行動のうちの一環として始めることしました。宜しくお願いします。
[PR]
# by tomomiaoyama | 2011-05-17 01:14 | 日記